スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kernel panicで僕もパニック(゚Д゚≡゚Д゚)?

何か再起動したら、SSHが繋がらなくなったので、Linuxとディスプレイをつないだら、

 

DSC_1007

Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init!

 

いきなりどういう事だってば。。。

 

事の発端は、最小構成でインストールしたCentOSにApacheをインストールして、port80も開けているが、Windowsマシンからアクセスできない。errorログを見たら、

 

[Thu Feb 23 00:56:51 2012] [notice] SELinux policy enabled; httpd running as context system_u:system_r:httpd_t:s0
[Thu Feb 23 00:56:51 2012] [notice] suEXEC mechanism enabled (wrapper: /usr/sbin/suexec)
[Thu Feb 23 00:56:51 2012] [notice] Digest: generating secret for digest authentication ...
[Thu Feb 23 00:56:51 2012] [notice] Digest: done
[Thu Feb 23 00:56:52 2012] [notice] Apache/2.2.15 (Unix) DAV/2 PHP/5.3.3 configured -- resuming normal operations

何かSELinuxの影響かと思い、どうせLAN内で動かすのだからとりあえずOFFっておくかという事で、

# vi /etc/selinux/config

SELINUX=disabledSELINUXTYPE=disabledをセットして、再起動したらこの有様ですよ。というかセットする項目間違ってる!うんともすんとも言わないので再度ログインして上記configファイルを修正するわけにもいかない。

 

ググってみたら、どうやら設定が足りなかったのか、こちらに起動方法が乗ってました。

・SELinuxの小技
http://tomo.ac/goodstream/selinux/tips.html#SELinuxの有効無効を起動時に指定して起動する方法

電源を入れて、起動時に「Booting CentOS ~」と表示される瞬間に、

DSC_1006

Enter等押せば、GRUBの起動画面が出てきます。ぼやけててスマセン。

DSC_1002

ここで「e」を押し、続いて表示される画面のkernelを選択して「e」を押します。

DSC_1010

そこの末尾に、

selinux=0

と入力すればおk。ちなみに、「=」は「^」のキーを押さないと出ません。これでEnterを押して、「b」キーあたりにbootが割り当てられているので、押下してbootするとなんとか起動に成功(;^_^A

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。