スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 6.2最小構成を入れたがLANを認識しないので、問題を探ってみたら。。

問題はちゃんと切り分けて考えていけば、着実に解決するというお話。

 

初代サーバと同じマザーボード(BIOSTAR 945GC-M7 TE)なのでLANカードを認識してくれないだろうとの予想があり、やっぱり繋がらない。同じようにI-O DATA ETX-PCI PCI用LANアダプタを買わなきゃいけないのかなと漠然と思ってました。ETX-PCIは便利なもので、挿すだけでLANを認識してくれました。(だったはず。。)割りとスムーズに問題が解決したのを覚えてます。

 

その手持ちのETX-PCIが挿さってるマザーボードでも、CentOS 6.2 最小構成版は認識しませんでした。(・ω・;)?

と言うことは、CentOSをフルインストールした時に、自動的になにかやってくれているのだなという予測から、これってもしかして、やりようによってはオンボードでも認識するんじゃね?といろいろやってみました。

・BIOSTAR 945GC-M7 TE 製品情報 | 株式会社MVK PCパーツ・周辺機器 総合代理店
http://www.mvkc.jp/product/biostar/motherboard/end_item/945gcm7_te.php

 

によれば、オンボードのLANはAtheros L2 - 10/100 Controllerが乗っているとのこと。これでググってると、何かダウンロードできそうなサイトへたどり着きましたが、

・ELRepo : kmod-atl2
http://elrepo.org/tiki/kmod-atl2

イマイチ分からず。。

そもそも、ハードウェアの認識はどうなっているのか、コチラのサイトのコマンドを打ち込んでみました。

・ネットワ-クの基本設定などを確認(Linux版)
http://www.math.kobe-u.ac.jp/~kodama/tips-net-setup.html

とりあえず「Atheros L2」という文言は表示されないので全然認識していないのでしょう。でも、よくよく考えたら、オンボードのハードがこんなレベルで全然認識しないってのは、そもそも何かしら認識しないようにしているのではないか?BIOS設定の時点で無効になっているんじゃないか?もしくは、壊れてる?という疑問にたどり着き、BIOS設定画面を開こうとしたら、画面は開いたがUSBキーボードが認識しない。。
というか、PS2のキーボードとマウスが全く認識しない!前のサーバの時は使えていたのに、そんなにすぐにキーボードもマウスも認識しなくなる!?

 

とりえあず、マザーボードのCMOSクリアをマニュアル見ながら実施

WS000400

 

何も変らず。。。

 

前回使ってた時のマザーボードの状態今回の状態何が違うのか??。。と記憶をたぐっていると、一つだけ、そう言えば何かピンのカバー抜いたわwww

と思ってもう一度PDFマニュアルを検索。。

 

WS000399

このJUSBV1のカバー邪魔だと思って抜きっぱなしだわwwアホかww

 

って、USB関係なくね?

と思いながら、もう使ってないマザーボードからカバー持ってきて装着。パソコンの電源入れると、

 

PS2のキーボード認識キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

 

と言うわけで、BIOS画面が操作できる事になったら、割りと早い段階で諸悪の根源を発見。。。。。。

 

DSC_0971

 

このAutoとかになってるのをEnableにしたら、あっさり認識しやがったwwww( ;∀;)

 

あと、以下のファイルをviで編集するだけで、

[root@kurosaba ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:xx"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
IPADDR=192.168.1.30
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.1
DNS1=192.168.1.1
あっさりネットに繋がりやがったwwwwww。。。。

何年ぶりに気付いてんだよまったく。。。しかも、ETX-PCI 無駄買いじゃねーかよ。。。

 

というわけで、(僕のメイン作業とする)プログラミングのデバッグと違って、ハードウェアは推理のように問題を切り分けていくのがある意味面白いですね。プログラミングだとすぐに試したりできますが、ハードはモノがない事には始まらないということで。。今回IT系のエンジニアとして、恥ずかしいような凡ミスばかりでしたが、改めてこの思考プロセスは大事にしたいと思う経験でした。



■2012/02/22追記
上記のifcfg-eth0の設定は、インターネットへ繋がりましたが、yumでパッケージをインストールしようとしたとき

Loaded plugins: fastestmirror, presto
Determining fastest mirrors
Could not retrieve mirrorlist http://mirrorlist.centos.org/?release=6&arch=x86_64&repo=os error was
14: PYCURL ERROR 6 - "Couldn't resolve host 'mirrorlist.centos.org'"
Error: Cannot find a valid baseurl for repo: base

のようなエラーが出てしまいます。試しにyahoo.co.jpにpingコマンドを打ってみれば、「ping: unknown host yahoo.co.jp」とエラーが出るのに対して、「ping 124.83.187.140」とIPアドレスで打つとpingの応答が返ってきます。このことから名前が解決できていないのではと思います。DHCPが動いて(入って)ないんじゃね?と思ったのですが、ここの設定で1行足りてないませんでした。BOOTPROTO=dhcpを追加してrestartすればドメイン名も認識してくれました。ちなみに、192.168.1.1にルータがあります。
[root@kurosaba ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:xx"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
IPADDR=192.168.1.30
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.1
DNS1=192.168.1.1


# /etc/init.d/network restart
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。