スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

激安パソコン構成を探して

前回、自宅サーバに公開しているwordpressサイトが劇的に重いという旨の記事を書き、サイト改善に行えそうな事を調べてみました。箇条書きにすると以下の項目あたりです。

  • DBを最適化するプラグインを導入する
  • APCを導入してPHPを速くする
  • nginx+FastCGIにする
  • WP Super Cacheを使う
  • nginxのproxy cacheを使う
  • Apacheパフォーマンス・チューニング http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache16/apache16a.html
  • wordpress再構築(予想:カテゴリー多すぎなので減らして記事を投稿しなおす)

nginxとキャッシュが肝になってくるので、Apacheのチューニングは必要ないかもしれません。それに、一番最後のWordpress再構築の部分もかなりウェイトがあると思います。これに加え、サーバ側としては、

  • CentOS 32bit版→ 64bit版移行
  • 最小構成でのOS起動。不要なプロセスは起動させない、もすくはアンインストール。GUIもこの際いらない
  • CPUのスペックアップ

さて、nginx + FastCGIでもやるかと思ってましたが、Apacheとnignxの両Webサーバを起動させて、どっちのサーバが呼び出されるのか?とか、最小構成の観点からも、綺麗に構築したいなと思い始め、どんどん改善熱が冷めていきました。。。

サイトたちが重いとは言え、一応、動いているわけで。crontabにはスクリプトが何個か登録させており、定期的に稼働しているわけです。この対応を進めていくにあたり、稼働を止めなきゃいけないと思ったら、サーバをもう一台新調したくなりました。新規で買うにはもったいないので、中古パソコンで。

 

ググった結果、

 


これが、4,999円!今のサーバ、3万近くで組み立てたのに!!後の祭りなわけで。



BUFFALO デスクトップPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB D2/667-2G/E
バッファロー (2009-04-10)
売り上げランキング: 313


このメモリ2,280円を追加すれば、最強だな。と確信していたのですが、引っかかるCPUのCeleron D。

 

・FMV-D5230 製品詳細 -FMWORLD(法人):富士通
http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/vdt0610/d5230/

 

富士通のサイトで調べると、このCPUはCeleron D 336と判明。これをインテルのサイトで最大消費電力(Max TDP)を調べると。

・Intel® Celeron® D Processor (Desktop)
http://ark.intel.com/products/family/5263/Intel-Celeron-D-Processor/desktop

 

84W!と言われてもピンときませんが、今サーバに搭載されているCPUは、Celeron 400なので23.7W。

・マルカン 保温電球 20Wですが、大体で良いので、1ヶ月のかかる電気代を教えて下... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414810899

 

こちらの計算方法で電気代を最大値で計算してみると、

Celeron 400 : 0.5円/h → 360円/月

Celeron D 336 : 1.8円/h → 1296円/月

常時フルパワーでの値段なので、CPUだけ見れば実際はもっと安いと思いますが、でもこの差は気になります。では、自宅サーバ向けのCPUはどれがいいのか?となるわけですが、サーバ用のCPU

ばか高いので、上位モデルのCore 2 Duoあたりがお手頃でよろしいかと。これだと、どのタイプでも、64Wのようです。


・Intel® Core™2 Duo Desktop Processor (Desktop)
http://ark.intel.com/products/family/26547/Intel-Core2-Duo-Desktop-Processor/desktop

Core 2 Duo : 1.4円/h → 1008円


うーん、なんか今使ってるCeleron CPUが消費電力小さすぎなんですね。。とは言え、上記のパフォーマンスチューニングをしたところで、CPUパワーは足りているとは言えないので、妥協としてCore 2 Duoという所でしょうか。

 

電気代の話をすれば、上記はCPUだけなので、実際はHDDをガリガリしたり、電源ファンが回ってたりするので計算したくらいかかるんじゃ。。と予想してしいまう所ですが、だいたい1000円/月かかることを考えると、さくらVPSでもいいんじゃね?と、よぎるわけです。

Screenshot_3


・VPS(仮想専用サーバ)のさくらインターネット
http://vps.sakura.ad.jp/


一番安い「512」タイプで、メモリ:512MB HDD:20GB CPU:Core2 Duo T7700 @ 2.40GHz相当が月額980円。年払いにするともう少し安いみたいですね。電気代と安全性と回線スピードを天秤にかけると、どう考えてもこのVPSを使うべきなんですが。。
合理的に考えると自宅サーバにする利点はあまり見つかりません。。wまぁコストの割りにメモリやCPUを好き勝手搭載できたり、サーバに無茶させたりできますが、一番は自分で選んだハードの環境でソフトウェア動かして、リソースの兼ね合いを考えながら、どこに問題があるか見つけながら構築していく楽しさですかね。手のかかる子ほどかわいいなどと言いますが。。いずれは、VPSやクラウドもつかってみたいところですが、まあ自己満足です。

 

というわけで、有料サービスを華麗にスルーして、自作サーバに戻します。Core 2 DuoというCPUでいくなら、今家にマザーボードとHDDがあるので、これに加えてメモリとケースを買えば一台作れるんじゃね?という発想で見積もってみると。

インテル Intel Core 2 Duo Processor E6300 1.86GHz BX80557E6300
インテル (2006-08-05)
売り上げランキング: 63430
BUFFALO デスクトップPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB D2/667-2G/E
バッファロー (2009-04-10)
売り上げランキング: 313
KEIAN PCケース Micro-ATX 300W電源搭載 KT-MH803
KEIAN
売り上げランキング: 13015


小計:10260円+送料500円 = 10,760円

 

当初の値段から倍以上ですが、やっぱりCPUパワーが欲しいということで。。

では、今度は価格.comでCore 2 Duoの中古パソコンで検索してみると、



Screenshot_4

・価格.com - 中古デスクトップパソコン製品一覧 Core2Duo
http://kakaku.com/used/pc/ca=0010/s2=10/



うん、既製品の方が安い。。。ただ、メモリを2GBも積んでませんが。あ、あとこれにはもっと高い送料が別途あるようです。しかし、組み立てて動かない!というリスクを考えると、既製品の方がいいような気もします。

まぁ、メモリも2GBにこだわらず、1GBで妥協すれば、



BUFFALO デスクトップPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 1GB D2/667-S1G/E
バッファロー (2009-04-10)
売り上げランキング: 429


やっぱりパーツで買う方が安いね!と言う感じで、一晩寝かせてどうするか考えたいと思います。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。