スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

LAN内から自宅サーバへのHTTPアクセスに対する問題

光回線にしてから、PR-S300NEルータが我が家に来て、以下のようなネットワーク構成になっています。

kateinailan


以前のADSL時の構成の場合は、特に問題はなかったのですが、このPR-S300NEルータが来てから、LAN内で自宅サーバへのhttpアクセスができなくなりました。外部から(例えばこの図だと携帯から携帯回線で)httpサーバへはアクセスできます。正確に言えば、独自ドメイン(例としてhogehoge.comとする)のWebページにアクセスできません。なのでhttp://192.16.1.11/等のLAN内のIPアドレスを指定すればアクセスはできます。どうやら、LAN内のマシンからブラウザでhogehoge.comへアクセスを試みると、

クライアントマシン→PR-S300NE→プロバイダ→お名前.com(hogehoge.com)→プロバイダ→PR-S300NE→ × →hogehoge.comサーバ

となっているようです。回り回ってPR-S300NEルータに対してhttpアクセスしているように見えます。この問題の解決方法は2パターンあると思います。

  • hostsファイルを編集
  • DNSサーバを構築

hostsファイルを編集する場合の特徴は、LinuxでもWindowsでもhostsファイルに

192.168.1.22 hogehoge.com

※192.168.1.22は自宅サーバのLAN内IPアドレス

と記述するだけのお手軽対応です。その変わりデメリットとして、LAN内でhogehoge.comへアクセスしたいクライアントマシン全てに対してhostsファイルを編集する必要があり、LAN内にクライアントマシンをたくさん抱えている場合は現実的ではありません。

 

DNSサーバを構築する場合の特徴は、PR-S300NEルータにきたアクセスを一旦自宅サーバのDNSサーバで引き取り、振り分けるようにルーティングするはずなので、上記のデメリットであるhostsファイルの存在を気にする必要がありません。そのかわり、hostsを編集するほどお手軽とは言えません。


[参考]

・内部向けDNSサーバー構築(BIND) - CentOSで自宅サーバー構築
http://centossrv.com/bind-lan.shtml

 

上記リンクを参考に、内部向けだけでも構築しようと思いましたが、面倒なので あまり理解していないDNSサーバでせっかく繋がっているWebサーバにいらんことしてアクセスできなくなり、時間を割かれそうな予感がしたので、今回は見送りました。まぁでも、将来的にサーバを増やしたらやらなきゃいけない課題ではあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。