スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Subversionの履歴を保持したままリポジトリを移動

リポジトリを移動させる主な手順は移動元リポジトリのダンプファイルを作成し、それを移動先リポジトリへロードし、subversion.confを編集します。

移動元のダンプファイルを作成するには、

#svnadmin dump [移動元リポジトリ] > [ダンプファイル名]


で、行います。
移動先に受け入れ態勢を作るために、リポジトリを作成します。

#svnadmin create [移動先パス]


#chown -R apache:apache [移動先パス]


これで準備ができたので、ロードします。

#svnadmin load [移動先パス] < [ダンプファイル名]


これで移動完了ですが、このままではクライアントソフトから使えないので、

#vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf


とコマンドし、下記の赤字部分を新しいパスへ編集します。

<Location /svn>
DAV svn
SVNParentPath [移動先パスの親ディレクトリ]

</Location>

これでapacheを再起動させればOKです。<Location /svn>と移動先のディレクトリ名も変更していなければクライアント側の変更はありません。

tag : subversion.conf

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。