スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【未解決】CG-WLR300Nをメインルータにした場合のLANにおけるバーチャルサーバの遅延

以前も書きましたが、ブロードバンドルータに関しては未解決事件が何件かあります。
Linux CentOS低予算自宅サーバ奮闘メモ 突然ルータがダウン?
去年は安定稼働してましたが、未だにこのルータは忘れた頃にダウンしたりします・・

我が家に、横着したい人間がおりまして、その需要により無線LANルータ(以降、CG-WLR300N)を導入しました。最近まで、設定をいじるのが面倒だったので、CG-WLR300Nルータ機能をOFFにして既存の有線ルータ(以降、corega BAR MX)と接続しておりましたが、電気代と中継している機械を減らそうと、CG-WLR300Nをメインルータに設定を変更してネットに接続しました。

最初は問題なく稼働しているように見えましたが、自鯖に置いてるWordPressの管理画面にログインしようとしたところ、ロードの著しい遅延が発生しました。この遅さはFirefoxなら途中で諦めるか、スタイルシートがバカになった状態で表示してくれました。

これじゃー、訪問してくれた人が読まないうちに離れてしまうと思い、原因を調査しました。とりあえず、遅延が発生するかしないかでいろいろ実験を行い、問題を切り分けていきました。

■2011/12/25追記
ブログ書きっぱなしで、放置してましたすみません。
今現在、回線もADSLからフレッツ光へ回線も変りました。当時はモデムとルータの役割は別々の装置でしたが、光移行に伴いNTTより提供してもらったPR-S300NEが一応メインルータとして機能しています。そして、サーバとメインルータの間にCG-WLR300Nがいます。回線からの接続装置数で言えば、上記の構成ですが問題無く動いてます。
OKパターン NGパターン
・URLにLAN内で割り当てられているのIPで自鯖のWebへアクセス
・スマートフォンの3G回線で自鯖のWebへアクセス
・有線LANに戻して同様の作業を行う
・FTPプロトコルなら問題ない
・URLにドメイン名で自鯖のWebへアクセス
・URLにプロバイダに割り当てられたIPで自鯖のWebへアクセス


上記からある特定の経路のパスでの現象なので、Apacheは正常に稼働していると判断。また、tracertコマンドでモデム(ADSLモデム-MN?①砲離襦璽筏’修?減澆靴討い覆ぁ米?い討い覆ぁ砲犯獣如?WAN側が怪しいと思っていたのですが、モデムが直接関与していないと判断。

なので、WANとCG-WLR300Nのやりとりでおかしいと判断し、ルータの設定をいろいろ見直しましたが、どれも効果無し。1日近く調査しましたが、調査が難航しこれ以上時間が割けないのでcorega bar mxをメインルータに戻すことで折れました。

何か分かり次第追記します。

tag : CG-WLR300N barmx 無線LAN ルータ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

ルーターについて

ルーターの種類によって?設計によってドメイン名で使えるタイプと使えないタイプがあるのは昔からのようです。書いて無いのやってみてショックを良く受けました。
メーカーに聞いてもそのような設計になっています。との答えでショックだったのを記憶しています。
プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。