スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Movable Type4インストール注意事項メモ1

CentOS5で構築した自宅WebサーバにMovable Type 4をインストールしました。そのとき躓いた点を以下に3つほど挙げます。自分の手で構築すると、問題が次から次へと浮上し、どれだけ無料のブログサービスがありがたいことか、痛感します。

CGIのパーミッション
 Movable Typeで扱うCGIのパーミッションは755に変更する。デフォルトのままでブラウザから実行すると、Internal Server Error出ることがあります。

メールの設定
インストールウィザードで、Movable Type4を導入する場合、メール設定を要求されます。CentOS5の場合、デフォルトの状態で使えるsendmailを選択します。

MTログイン時に画像がゆがんでいる現象
MTで記事を書こうとした場合、アナログテレビで画像がゆがんだみたいに、表示されます。

画像のゆがみ

若干呪いのビデオシリーズを連想させて怖いです。

ネットで調査したところ、CentOS5もMovable Type4も関係の無いお話でした。ダウンロードサイトからもってきたMT-4.1-jaをアップロードする際、アスキーモードでWebサーバにアップロードすると、画像ファイル等が壊れてしまう可能性があるとのことです。この現象は、バイナリモードでアップロードしなおせば解決します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。