スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でWeb公開するに至った経緯。

まぁ、どうでも良い話なんですけど、悩みに悩んでWebサーバを構築することに踏みきりました。
その経緯をメモしておきます。

世に出ている無料ブログサービスは、かなり高機能化されてて、しかも自由度が高いです。

現在使用しているこのFC2ブログは優れもので、ブログ容量1GBで、しかも、画像以外に、htmlファイルやJavaScriptファイルなどもアップロードできます。

少し前なら、有料のレンタルサーバを利用して、Movable Typeなどをインストールし、不必要に自由度の高いブログを構築してました。そのカスタマイズ性があだとなって、本編の更新自体が怠るってこともしばしば・・・。なので、最近では無料のブログサービスばかりを利用しています。しかも、格安の有料版にはなかなか無い、1GBとというのは、かなりうれしい容量です。

が、

さすがに、自作Webアプリケーションを紹介するブログを書こうと思った際に、やっぱり、限界を感じました。紹介するからには、Webアプリを動かしたい・・。単にJavaScriptを動かしたいだけならできますが、今回、JavaScriptライブラリのDojoを使いたい・・。Dojoのライブラリはフォルダに複数JavaScriptファイル入っており、これを一個一個アップロードするのも大変ですし、フォルダ構成が崩れることは必至で、ファイルのみでDojoライブラリが動いてくれる保障はありません・・・。

ということで、無料のブログサービスをあきらめ、有料版レンタルサーバを考えました。

Movable Typeをインストールする手間を考えても、サーバ維持は業者がやってくれるので、Movable Typeさえ入れてしまえばこっちのものだと思ってました。

ただ、次のような考えが頭をよぎりました。

・なんの為に、CentOSをインストールしたか?
・今後公開するWebアプリが増えれば、格安サーバでも経費がかさむ
・地図アプリを考えた場合PostgreSQLを使いたい等、サーバ環境の自由度が限定される。
・せっかく持っている環境を活かす方が今後のためにメリットがあるのでは?

まぁ、サーバ業者を探せばいくらでもあるんですけど、
お金で解決するより、あえて手間のかかる自宅サーバで公開することにしました。

ということで、まずは自宅サーバでWebサーバ化させます。
そのお話は次回に。 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。