スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別マシンへHDDを移す時につまずいたメモ

やろうとした事

以前に、Wordpressの過剰カテゴリで重くなってたWebページですが、カテゴリ数を減らす事でかなり軽くなりました。とは言え、nginx+FastCGIのWebサーバにするなど、まだやるべき事はたくさんありますが、現状で大きく問題ないので、CeleronのCPUマシンから、せっかく持ってるXeonのCPUマシンへHDDを移したいと思います。積んでるメモリは同じなので、ほぼCPUのパワーアップという形です。その時につまずいた事をメモしておきます。

 

ネットワークに繋がらない

HDDを別のマシンに移すとネットワークが繋がらなくなりました。Windowsではこの辺りの変更は勝手にやってくれそうですし、Linuxでもやってくれそうなものですが、僕の手順が悪かったのかネットワークに繋がりませんでした。以前もネットワークに繋がらないという事がありましたが、それはBIOSの設定でLANをDisabledにしていたせいでした。今回は、そこがEnableにしているので、関係ありません。次に、まあいろいろ試行錯誤するわけですが、

[root@kurosaba ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

で、どういう設定になってるのか見てみると、どうもMACアドレス(HWADDR)が怪しい。。。ということで、

LANのMACアドレスを調べるべく、dmesgコマンドを実行。eth0と書かれた行にありました。

これを先ほどのcatで表示させたファイルを編集して、

# /etc/init.d/network restart

で、再起動してやると、繋がりました。

BIOS設定画面に入れない

これはHDDを移す作業とは関係ない上、ちょっと話が前後しますが、上記のMacアドレスを探る前に、BIOSの設定を見ておこうとマシンの電源ON後に何かしらキーを押して設定画面に入るわけですが、一瞬すぎて何キーを押して良いのか見れないwww

という問題が発生しました。F6だとかっていうキー自体はなんとなく見えるのですが、それが何をするキーなのか読めませんw何度か再起動させましたが、キーを見てから押すじゃ遅いようで。。。。

G41C-GSというマザーボードなのですが、以前からこんなに速かったっけと。。。。というわけで、メーカーサイトでマニュアルをダウンロード

・ASRock > 製品紹介 > G41C-GS > マニュアルのダウンロード
http://www.asrock.com/mb/manual.jp.asp?Model=G41C-GS

Chapter3 BIOS SETUP UTILITYという項目に、F2 or Delとあったので、マシンの電源を入れると同時くらいにDelキーを連打したら入れました(´o`;)

まぁ、BIOSの画面に入るのなんてある程度キーが決まってるのかもしれませんが、予想外の所で手こずってしまいました。Windows等の事を考えたら、BIOSなんて触る事もないだろうし、逆に知らない人に触ってほしくないって事で、一瞬なのかもしれませんが、前からこんな調子だったっけ?と。。。

スポンサーサイト
プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。