スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS + byobu + Teratermできた所まで

以前Qiitaにまとめられてたありがたい記事

・【まとめ】これ知らないプログラマって損してんなって思う汎用的なツール 100超 #PHP #JavaScript #Python #Ruby #HTML - Qiita
http://qiita.com/items/2183

WindowsのSSHは PuTTY 派なんですが、人にすすめるのは Poderosa ですね。

ずっとTeraterm使ってきて特に問題もなかったので、SSHクライアントを変更しようと思ってませんでしたが、どうやらトレンドは違うのね…という事で、PuTTYとPoderosa(ポデローサ?)を入れて試してみました。Poderosaの方がウィンドウが分割表示したりして、使いやすいと思ってました。しかし、うーん、どうも、

  • lsコマンドの結果が頼んでもないのに縦並び
  • ウィンドウをバックグラウンドとかに放置してるとブラックアウトしてる
  • なんか縦に間延びしてる
  • 気に入らない接続はエラーもは吐かずパンッって消える

など、このじゃじゃ馬を飼い慣らすのに時間かかりそう……そんなわけで、やっぱりTeratermが落ち着くということで戻っておりましたが、やっぱりウィンドウ分割の味を知ってしまってからは、どうしても欲しい機能となってしまいました。分割表示(仮想端末)にはscreenというのがあるのですね。今更ながら。先ほどのまとめサイトにも載ってました。

screen
byobu
tmux

screen/tmux がとっつきにくいという向けにはbyobu がお勧めです.
とりあえず困らない設定になっています.

サーバ側にインストールしなきゃいけないので、どこの環境でもとはいきませんが、とっつきやすいと噂のbyobu(屏風)を入れてみたいと思います。CentOSに。

環境

  • クライアントマシン:Windows7
  • Teraterm : 4.72
  • CentOS 5
  • byobu : 4.49

インストール

まずは、GNU Screenをインストールしておく

$ yum -y install screen

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。