スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Subversionアクセス制御(Basic認証、AuthzSVNAccessFile)

構成管理が誰でも読み書きできる状況であっては、ソースを盗まれたりしてしまいます。
そこで、ここではBasic認証でアクセス制御するやり方ついてふれたいと思います。

まず、Basic認証ですが、アクセスしようとするユーザへユーザ名とパスワードを要求します。それをパスしたユーザだけがアクセスできます。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : Basic認証 LimitExcept

.htaccessを使ったアクセス制限方法(Basic認証)

InternetExprolor等でBasic認証が施されているページにアクセスしようとすると、下図のダイアログが表示され、ユーザ名とパスワードが要求されます。
サンプル

基本認証画面

これは、仲間内にだけ公開したい掲示板サイトなど、特定の人間だけがアクセスを許可したい場合などに用います。Webアプリケーションを作成して、認証機能を持たせることもできますが、Apache上ではこの認証機能を簡単に実現することができます。

続きを読む

tag : .htaccess AllowOverride htpasswd Basic認証

vncserverでgnomeの画面が表示されない現象

vncserverは起動しており、vncクライアントソフトでvncserverへ接続しても、gnome画面が表示されません。
一度、vncserverを停止させるため、下記コマンドを実行しても、

vncserver -kill:1


以下のように表示されるだけ。。。

Unable to start Xvnc, exiting


vncserverを停止することができません。
逆にvncserverコマンドを実行すると、新しいvncserverが起動されます。。

どうなってんだ・・。

どういった経緯で、この現象が発生するかわかりませんが、隠れてプロセスが起動しているようです。
プロセスの確認はpsコマンドを使いますが、ここに表示されないのです。
そこで、以下のコマンドでプロセスの状態を確認します。

/etc/rc.d/init.d/vncserver status


そうすると、以下のように表示され、psコマンドで表示するより一つ多くプロセスが表示されます。

Xvnc (pid 5088 3302) を実行中...


これを、以下のように、

# kill pid 5088
# kill pid 3302


プロセスを強制終了させ、再度vncserverコマンドで起動させると、今度は正常にgnome画面が表示されました。

。。。
プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。