スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未解決】CG-WLR300Nをメインルータにした場合のLANにおけるバーチャルサーバの遅延

以前も書きましたが、ブロードバンドルータに関しては未解決事件が何件かあります。
Linux CentOS低予算自宅サーバ奮闘メモ 突然ルータがダウン?
去年は安定稼働してましたが、未だにこのルータは忘れた頃にダウンしたりします・・

我が家に、横着したい人間がおりまして、その需要により無線LANルータ(以降、CG-WLR300N)を導入しました。最近まで、設定をいじるのが面倒だったので、CG-WLR300Nルータ機能をOFFにして既存の有線ルータ(以降、corega BAR MX)と接続しておりましたが、電気代と中継している機械を減らそうと、CG-WLR300Nをメインルータに設定を変更してネットに接続しました。

最初は問題なく稼働しているように見えましたが、自鯖に置いてるWordPressの管理画面にログインしようとしたところ、ロードの著しい遅延が発生しました。この遅さはFirefoxなら途中で諦めるか、スタイルシートがバカになった状態で表示してくれました。

これじゃー、訪問してくれた人が読まないうちに離れてしまうと思い、原因を調査しました。とりあえず、遅延が発生するかしないかでいろいろ実験を行い、問題を切り分けていきました。

■2011/12/25追記
ブログ書きっぱなしで、放置してましたすみません。
今現在、回線もADSLからフレッツ光へ回線も変りました。当時はモデムとルータの役割は別々の装置でしたが、光移行に伴いNTTより提供してもらったPR-S300NEが一応メインルータとして機能しています。そして、サーバとメインルータの間にCG-WLR300Nがいます。回線からの接続装置数で言えば、上記の構成ですが問題無く動いてます。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : CG-WLR300N barmx 無線LAN ルータ

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。