スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webページとリポジトリを同一系統のパスにした場合の懸念点と対策

Webサーバでホームページを運用しつつ、同じドメインでApache連携できる構成管理ツールのSubversionも運用したい場合、公開部分とBasic認証で隠したい部分が出てくると思いますが、いろいろ気になった点についてメモをまとめておきます。まぁ、できるなら別々のドメインで運用した方がいいかもしれませんが・・

以下のような環境と設定を前提として話を進めていきます。



Apache/2.2.3のhttpd.confの設定は
/var/www/html
配下をWebサイトとして公開しており、配下全域に403エラー404エラーErrorDocumentディレクティブで独自のページを引っかけるようにしています。

<Directory "/var/www/html">
Options FollowSymLinks Includes ExecCGI MultiViews
AllowOverride all
Order allow,deny
Allow from all
ErrorDocument 403 http://myserver.com/403.html
ErrorDocument 404 http://myserver.com/404.html
</Directory>


subversion.confの設定は、
/var/www/html/private/svn
配下をリポジトリを作成するフォルダとし、Basic認証をかけてます。なので、/var/www/html/private/svn 配下は部外者に見られたくない個所ということです。

<Location /svn>
DAV svn
SVNParentPath /var/www/html/private/svn

AuthType Basic
AuthName "Prototype"
AuthUserFile /etc/.svn
Require valid-user
</Location>


構成管理ツールのクライアントソフトはTortoiseSVNを扱うことにします。

まず、この前提だけだとBasic認証のかけ方に問題があります・・

続きを読む

スポンサーサイト

tag : subversion apache 403エラー 404エラー ErrorDocument httpd.conf subversion.conf Basic認証 .htaccess TortoiseSVN

プロフィール

白鯖

Author:白鯖
安い寄せ集めの部品で構築し、CentOS5をインストールしました。主に、Webサーバ、アプリケーションサーバとして運用中。ハードの知識はあまり無いプログラマですが、全部自前で作るのは、手間はかかるけど、レン鯖より面白いです。

ハードウェア構成

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Max TDP控え目なCPU
安くて静音なクーラー
検索フォーム
ユーザータグ
RSSフィード
はてな
スポンサード リンク
おすすめ書籍
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。